製造業や建築業などBtoBに特化したデジタルマーケティングのノウハウや最新情報
【2021年最新】Googleサーチコンソールを使って検索パフォーマンスをあげる

【2021年最新】Googleサーチコンソールを使って検索パフォーマンスをあげる

GoogleサーチコンソールはWebサイトのSEOに必要なツールとして有用です。

クロール状況や Google 検索トラフィック データなどが確認できるうえ、誰でも無料で使えるため、Web運用をしている企業はぜひ導入したいツールです。

今回はそのGoogleサーチコンソールについて導入方法や確認できるレポートの見方などを解説致します。

■Googleサーチコンソールとは

Googleサーチコンソールとは、Googleで無料提供されている検索順位を確認したり管理できるツールです。

Googleサーチコンソールを使うとトラフィックや検索結果の掲載順位、サイトのインデックス
登録に関する状態などが確認ができます。

[メリット]

・ユーザーの検索行動(キーワードやクリック率など)について確認できる
・サイトマップをGoogleに知らせることができる
・サイトのインデックス登録状況が確認できる

■はじめかた

①Googleアカウントにログインする

②Webサイトを登録する

「ドメイン」「URLプレフィックス」どちらかにURLを入力します。

※「ドメイン」「URLプレフィックス」の違い
ウェブサイトを登録する際にプロパティを選択しますが、「ドメイン」「URLプレフィックス」の違いを大まかに説明すると、プロトコル(http / https)またはディレクトリ部分(/some/path/)を含むかどうかです。
「ドメイン」は(example.com)で登録した際、(www)が入っているかどうか、(http://)や(https://)の違いも含めて対象に含まれます。
ドメインで登録した場合、DNSレコードでのドメイン所有権の確認が必要です。

一方、「URLプレフィックス」の場合、(http://example.com/)を登録した場合、特定のディレクトリ配下のみが表示されます。登録の際はブラウザのバーに表示されるのとまったく同じように指定します。

③サイト所有権の確認をする

最後に、サイトの所有権の確認が求められます。

今回はHTMLファイルを登録する方法をご紹介しますが、この場合「HTMLファイル」からファイルをダウンロードしたものをサーバーのルート直下にアップロードにします。

アップロードしたらブラウザでファイルにアクセスし、[確認]ボタンをクリックすれば完了となります。

■基本のレポート

Googleサーチコンソールの左メニューから確認できるレポートについて解説します。

【検索パフォーマンスレポート】

 

検索パフォーマンスレポートでは、Google検索結果へのサイトの表示頻度、検索結果での平均掲載順位、クリック率などのサイトの掲載結果に関するレポートが確認できます。
これらの情報からサイトの現状を把握し、改善に繋げていくことができます。

指標については以下のようになります。

  • 合計クリック数・・・期間内でクリックされた数の合計
  • 表示回数・・・検索結果に表示された回数
  • 平均CTR・・・クリック数を検索結果で表示された回数で割った数値
  • 平均掲載順位・・・検索結果におけるサイトの「最上位」の平均掲載順位

【URL検査ツール】

URL検索ツール

URL 検査ツールでは、Google のインデックスに登録されたページの情報が表示されます。
このツールではインデックス、クロール、カバレッジ、モバイルユーザビリティなどの確認ができます。それぞれの概要は以下のようになります。

  • インデックス・・・Googleの検索エンジンがページを登録しているかが確認できます。
  • クロール・・・ここではGoogleに追加された新しいページや更新されたページを表示します。
  • カバレッジ・・・ここではインデックスに登録されているページと、サイトのインデックス登録時に発生した問題を確認できます。
  • モバイルユーザビリティ・・・登録したページがモバイルフレンドリーになっているかが確認できます。

【インデックス カバレッジ レポート】

インデックス カバレッジ レポート

Googleがクロールを試みたサイト上のすべてのページのステータスが確認できます。
なんらかの理由でクロールの失敗した際のエラー確認なども可能です。
それぞれのステータスについては以下のようになります。

  • 有効:このぺージはインデックスに登録されています。
  • エラー:このページは何らかの理由でインデックスに登録されていません。
  • 警告:このページはインデックスに登録されていますが、注意すべき問題があります。
  • 除外:このぺージはインデックスされていませんが、管理者の意図のもとあえてインデックスされていないものです。

【サイトマップ登録】

サイトマップ登録

Googleにサイトマップを登録して、検索エンジンが作成したページをインデックスしやすくします。
[新しいサイトマップの追加]にサイトマップのURLを入力して[送信]をクリックします。
送信後、「成功しました」と表示されれば完了です。

■まとめ

今回はGoogleサーチコンソールについてご紹介しました。
GoogleサーチコンソールはGoogleアナリティクスとも連携することができ、さらに詳細な分析が行えるようになります。
サイトを運用している人なら登録しておいて損はしない機能なので、是非一度試してみてください。