製造業や建築業などBtoBに特化したデジタルマーケティングのノウハウや最新情報

【Googleスキルショップ】動画広告認定試験の概要と5つの学習ポイント

  • 2021年3月22日
  • 2021年3月24日
  • その他

Googleスキルショップでは資格試験に合格することで、様々なツールやサービスの知識を所有していることを証明することが出来ます。

Google広告についても同様に、検索広告やディスプレイ広告、動画広告などそれぞれの資格試験があります。

今回、Google 広告の認定資格の一つである「動画広告認定試験」について、実際に取得した際の経験も踏まえて学習方法やポイントなどご紹介します。

概要

Googleスキルショップについて

「Googleスキルショップ」とは、Googleが提供するツールやプラットフォームの知識を身に付けることが学習プログラムです。

詳しくは以前の記事で紹介していますのでそちらをご覧ください。

関連記事

Googleは様々なサービス、ツール、プラットフォームを提供しています。それらの機能を学習できるプラットフォームとしてGoogleが提供している「Googleスキルショップ」というものがあります。Googleスキルショップ|Goog[…]

YouTube広告について

YouTube広告は様々な場所(トップページ、検索結果画面、動画の再生前や再生中、視聴中の動画の右側など)に表示される動画広告です。

Youtube広告例

YouTubeはGoogleが所有する動画プラットフォームで、月間20億人以上ものアクティブユーザーが動画を視聴しています。YouTubeを使えば一般から企業のユーザーまで誰でも動画を共有できます。

YouTube広告では広告主が目指す目標に合わせ様々な掲載場所、広告フォーマット、YouTubeやGoogleのデータを活用した高度なオーディエンス設定を活用出来ます。

今回のGoogle動画広告認定試験ではYouTube広告を中心に学習することになります。次は動画広告認定試験について概要や学習方法についてご紹介します。

Google 広告の動画広告認定資格について

概要

動画広告認定試験はいつでも、無料で受験できる試験です。

正答率80%未満、時間制限に間に合わなかった場合も不合格となってしまいますので、事前によく学習したうえで受験したほうがスムーズに合格できると思います。

しかし、不合格となってしまった場合でも24時間経てば再受験が可能となりますので、出題傾向の確認と実力試しのために受けてみるというのも手です。

以下、動画広告認定試験の概要についてまとめた表となります。

資格名Google 広告の動画広告認定資格
有効期間資格取得日から1年間
受験料無料
試験時間1.3時間
問題数50問
合格基準正答率80%以上
受験場所オンライン
注意事項・正答率80%以上の他に、試験を途中で切り上げたり、試験時間内に最後まで解けなかった場合も不合格になります。
・試験中、次の問題に行ったり、最後の質問後の送信ボタンを押してしまうと戻って解答の確認や変更ができなくなります。
・テストに不合格となった場合、次に試験を受けられるのは受験後24時間後からとなります。

動画広告認定資格に合格した際は、オンライン上で資格取得証明書が発行されます。
この証明書はGoogleスキルショップの資格受講ページよりいつでも確認出来ます。

なお、認定証の有効期間は試験合格日より一年間となっておりますので、一年ごとに認定試験に合格し更新する必要がありますのでご注意ください。

学習方法

「Google動画広告」を学習する際は「Googleスキルショップ」を使います。

▲Googleスキルショップ上のメニューから一覧をクリックし、「Google広告」をクリック、その中の「動画広告」が、今回紹介する動画広告認定資格の学習できるページとなります。

また、こちらから直接移動することも可能です。

学習内容

Googleスキルショップの「動画広告」で学べる内容の概要と、学習する際

動画広告の学習項目は以下のようになっています。

<1.YouTube の価値を発見する>

概要:YouTubeというプラットフォームがどのようなものか、またユーザーやクリエイター、広告主がYouTubeを利用することでどのような利益を得られるか紹介されています。

ポイント:YouTubeが現在どれくらいの成果を上げているか、選ばれている理由、また現在どのような形式の動画が提供されているかについて把握しておくと良いです。

<2.YouTube でオーディエンスとつながる>

概要:Youtubeで利用できるオーディエンス、目標により推奨されるオーディエンスなどが紹介されています。

ポイント:広告主がカスタマージャーニーの各段階でどのオーディエンスを使用すべきか、またそれぞれ設定できる設定と内容を把握しておくと良いです。

<3.動画広告フォーマットについて>

概要:YouTubeで利用できる広告フォーマットや、目標によりおすすめされるフォーマットなどが紹介されています。

ポイント:広告フォーマットによって課金方式や特徴がそれぞれ異なるので、それぞれのフォーマットと共に把握しておくと良いです。

<4.YouTube で使用するクリエイティブの基本>

概要:クリエイティブを作成する際、事前の調査に役立つツールや、動画広告でユーザーにメッセージを伝える効果的なクリエイティブの作成方法などが紹介されています。

ポイント:動画をステップに分けて、各段階どういった風に動画を演出するか、また新しいフレームワークで動画のストーリーを伝える方法についての方法と、それぞれの演出がユーザーに対してどのような影響を与えるかについても把握しておくと良いです。

<5.YouTube for Action について>

概要:YouTube for Actionとは、YouTube を通じてなんらかの行動を促すソリューションの総称です。
YouTube for Actionはコンバージョン ベースのスマート自動入札に基づく各種フォーマット、購買意向の高いオーディエンス、測定機能などで構成されています。

ポイント:TrueView アクションについての学習が中心となりますので、TrueView アクションがどういったものかをイメージできるようにしておくと良いと思います。

まとめ

今回はGoogleスキルショップの動画広告認定資格について、概要や学習ポイントを学びました。

学習ポイントについては試験で出やすかったと感じた内容についてご紹介しましたが、試験自体は幅広く出題されるため、ここだけ抑えておけば合格するというものでは無いのでご注意ください。

概要でも説明しましたが、試験自体はオンラインで且つ24時間に1回受験できますので、不合格になってしまった場合も焦らず、再度挑戦を続けていれば合格を目指せます。本記事がその手助けとなれればと思います。