製造業や建築業などBtoBに特化したデジタルマーケティングのノウハウや最新情報

キーワードプランナー・キーワードアドバイスツールを使いこなす

キーワードの選定はリスティング広告において重要です。広告やランディングページが魅力的でも、届けたいユーザに届かなくてはより良い効果は得られません。

以前、キーワード選定についてお話ししましたが、今回はそのキーワード選定などに使える便利なツールについて、使い方と見方についてご紹介いたします。

キーワード選定についての記事はこちらをご覧ください。

関連記事

リスティング広告では、ユーザが検索を行った検索語句(検索クエリ)と、広告主が登録したキーワードが一致したとき広告が表示されます。そのため、キーワードの選定はリスティング広告の肝と言えるほど大事なものになります。キーワードとターゲットの意[…]

各キーワードツールについて

キーワードプランナーについて

まずは、キーワードプランナー/キーワードアドバイスツールについて簡単にご説明します。

キーワードプランナーはGoogleが提供しているGoogle広告を出す際、該当キーワードを調査するときに使えるツールです。
入力したキーワードに関連するキーワードや、検索ボリュームなども確認できます。また、費用の予測などもできるため、予算の決定にも役立ちます。

▼注意点▼

  • アカウントでエキスパート モードを使用している必要があります。
  • お支払い情報を入力してキャンペーンを作成し、アカウント設定を完了する必要があります。
  • 広告を配信しても一定の額を使用しないと詳細なデータが見れません。

キーワードアドバイスツールについて

キーワードアドバイスツールはYahoo!が提供しているYahoo!広告を出す際、該当キーワードを調査するときに使えるツールです。
設定した条件に関連するキーワードや各種推定データを過去の実績に基づいて表示できます。

こちらは広告を出稿していなくても利用が出来る為、まだ広告を出したことがなくても(※)キーワード調査が行えます。
※”Yahoo! JAPANビジネスID”は必要です

キーワードプランナーの使い方

手順

[新しいキーワードを見つける]

  1. Google広告のアカウントにログインします。
  2. ツールアイコンをクリックし、「プランニング」「キーワードプランナー」をクリックします。
  3. 「新しいキーワードを見つける」をクリックします。
  4. 新しいキーワードを見つける
    a)キーワードから開始:取り扱っている商品やサービスに関連する語句を入力します。語句が複数ある場合にはカンマとスペースで区切ります。
    b)ウェブサイトから開始:ウェブサイトを入力すると、そのサイトのコンテンツに関連するキーワードが検索されます。
  5. [結果を表示] をクリックします。

[検索のボリュームと予測のデータを確認]

  1. Google広告にログインします。
  2. ツールアイコンをクリックし、「プランニング」「キーワードプランナー」をクリックします。
  3. [検索のボリュームと予測データを確認する] をクリックします。
  4. 検索ボックスにキーワードのリストを入力または貼り付けます。
    ※CVSファイルからデータをアップロードすることも可能です。
  5. [開始する] をクリックします。

結果の見方

キーワード・・・入力したキーワードに関連するキーワード
月間平均検索ボリューム・・・指定した月単位の期間や地域、検索ネットワークで、対象のキーワードとその類似パターンが検索された平均回数を指します。
競合性・・・特定のキーワードに対する広告プレースメントの競合状況
広告インプレッションシェア・・・使用している広告アカウントで広告配信実績がある場合、各キーワードの検索機会に対しどの程度広告が表示できていたか
ページ上部に掲載された広告の入札単価(低額帯・高額帯)・・・過去に広告を表示した広告主様の単価実績の中で、低い範囲の単価・高い範囲の単価

 

[デフォルト以外の項目]

競合性(インデックス値)…競合性のレベルを0~100で数値化した指標
オーガニック検索のインプレッションシェア・・・各キーワードの検索数に対し、自社サイトのオーガニック枠に表示された割合
オーガニック検索の平均検索順位・・・各キーワードにおける自社サイトのオーガニック枠での平均検索順位

※「オーガニック検索インプレッションシェア」と「オーガニック検索の平均検索順位」はSearch Console アカウントを Google 広告アカウントにリンクしている場合のみ確認ができます。

その他便利なツール

・地域、言語・・・配信する広告場所に合わせて変更できます。
・検索ネットワーク・・・「Google」もしくは「Googleと検索パートナー」のどちらかを選択できます。
・期間の設定・・・キーワードのデータ計測期間を設定します。
・データのダウンロード・・・調べたデータをダウンロードできます。

キーワードアドバイスツールの使い方

手順

  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリックします。
  2. 「ツール」タブの矢印(▼)をクリックしてプルダウンメニューから「キーワードアドバイスツール」をクリック、または「ツール」タブをクリックし、「ツール一覧」画面で「キーワードアドバイスツール」をクリックします。
  3. 以下の項目を入力/設定
    ・キーワードまたはフレーズ・・・入力したキーワードやフレーズの関連キーワードやその推測データが確認できます。
    ・ウェブサイトのURL・・・入力したURL内から関連するキーワードの確認できます。
    ・希望入力価格・・・80,000円までの1クリックあたりに支払う上限金額が設定できます。
    ・マッチタイプ・・・「部分一致」「完全一致」から選択し設定できます。
  4. [キーワードを抽出]ボタンを押します

結果の見方

キーワード・・・入力したデータから抽出されたキーワード候補
最大/最小・・・最大値最小値の推定CPC
推定CPC・・・1クリックあたりの平均クリック費用
推定平均掲載順位・・・キーワードの平均掲載順位
推定クリック率・・・推定クリック数(日)と推定インプレッション数(日)を割った平均クリック率
推定インプレッション数(日)・・・1日あたりの広告の表示回数
推定クリック数(日)・・・1日当たりの広告クリック回数
推定コスト(日)・・・1日あたりの合計クリック料金

※数値はあくまで入力したデータから割り出される予測値になり、結果を保証するものではありません。

抽出結果のキーワードをコピーする

  1. 「キーワード候補」タブに表示されたキーワード一覧から、コピーしたいキーワードにチェックを入れます。
  2. [キーワードをテキスト形式で表示]ボタンを押します。
  3. 「選択したキーワード」のポップアップ画面にキーワードがテキスト形式で表示されます。
  4. キーワードを選択およびコピーし、キャンペーンエディターのインポート用ファイルなどに貼り付けます。
  5. コピーが終了したら[閉じる]ボタンを押します。

ツールをつかうコツ

1)ユーザーの立場で考える

商品やサービスのカテゴリに対してユーザーがイメージするキーワードを選ぶ。ユーザーが実際に検索するキーワードでないとより良い成果に繋がらない可能性があります。
例)「工場 防犯カメラ」

2)適度に具体的にする

一般的すぎるキーワードを避ける。キーワードが広義すぎると実際に検索するキーワードに繋がらない可能性があります。
例)「工場用センサ」 

3)ウェブサイトを追加する

キーワードとウェブサイトによって、より関連性の高いキーワード候補が確認できます。

まとめ

今回はキーワードプランナーとキーワードアドバイスツールの使い方と、データの見方などをご紹介しました。

キーワードを調査するツールを使えば、キーワードの選定はもちろん、月に必要な大体の予算を予測することができたり、自社の製品やサービスのカテゴリがどれほど検索されているかもわかります。

これらのツールが上手く使えれば、効果的な広告を出す手助けになるでしょう。