製造業や建築業などBtoBに特化したデジタルマーケティングのノウハウや最新情報

【Google広告】スマート自動入札とは?活用するメリットや設定方法などをご紹介

Google広告を運用している方は「スマート自動入札」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
しかし、どういったメリットがあるのか、どうやって活用できるのかなどわからないことも多いかと思います。

今回はこれからスマート自動入札を取り入れてみたい方、スマート自動入札について知りたい方向けに概要やメリット、設定方法などをご紹介します。

■スマート自動入札とは?

スマート自動入札とは自動入札の一部で、オークションごとに入札を行う機能です。

自動入札はさまざまな入札戦略に合わせて調節を行いますが、スマート自動入札はコンバージョン獲得に特化した機能で、機械学習を使用してオークションごとにコンバージョン数やコンバージョン値の最適化を行います。

現在スマート自動入札の種類は「コンバージョン数の最大化」、「コンバージョン値の最大化」の2つがあり、ビジネス目標や広告の目的に合わせていずれかを選択します。

コンバージョン数の最大化

コンバージョン数の最大化では、予算に合わせて最も低いコンバージョン単価が設定されるように最適な入札単価が広告が配信される毎に自動で算出されます。

【目標コンバージョン単価】
コンバージョン数の最大化で任意で設定できる1件のコンバージョンに対して支払い可能な平均額です。
設定した金額に合わせて、より多くのコンバージョン獲得を目指します。

コンバージョン値の最大化

コンバージョン値の最大化では、指定された予算内で最大限のコンバージョン値を獲得するように最適な入札単価が広告が配信される毎に自動で算出されます。

【目標広告費用対効果】
コンバージョン値の最大化で任意で設定できる広告費用で獲得したいコンバージョンの価値の平均値です。
広告費用対効果はコンバージョンごとに異なりますが、全体としては費用あたりのコンバージョン値が設定した目標広告費用対効果と同等になるように調整されます。

「コンバージョン数の最大化」と「コンバージョン値の最大化」では、1日の平均予算をすべて使い切るようになっています。
費用が予算を大きく下回る場合、費用が大幅に増える可能性がありますので注意が必要です。

■スマート自動入札を使用するメリット

スマート自動入札は機械学習を使用してオークションごとに入札を調整しているため、以下のようなメリットがあります。

1:高度な機械学習による最適化

スマート自動入札では、広範囲によるデータを機械学習が取り入れ、学習し単価設定を行います。
そのため、ユーザーがデータを算出したり、手動で細かい調整を行う必要が無くコストの削減につながります。

2:さまざまなシグナルが考慮される

オークションの入札単価の最適化の際にさまざまなシグナルが考慮されます。
シグナルとは、ユーザーが使用しているデバイスや住んでいる地域などさまざまです。

3:掲載結果が管理できる

スマート自動入札では掲載結果を、個々のビジネス目標に合わせてカスタマイズすることも可能です。

・選択したアトリビューション モデルに合わせて検索広告の入札単価を最適化
・目標コンバージョン単価制でデバイス別(モバイル、パソコン、タブレット)の成果目標を設定

4:透明性の高い掲載結果レポートが出せる

スマート自動入札では自動で最適化を行うだけでなく、成果や改善に役立つレポートツールが用意されています。
以下はツールの一部です。

・入札戦略レポート
・キャンペーンの下書きとテスト
・シミュレーション

■スマート自動入札の設定方法

新規、または既存のキャンペーンにスマート自動入札の設定を行う方法は以下の3パターンあります。
・新しいキャンペーンで作成する
・キャンペーン設定から作成または変更する
・共有ライブラリの [入札戦略] から作成する
1つずつ解説していきます。

【1つのキャンペーンで有効にする】

  1. キャンペーン画面から+アイコンをクリックし、[+新しいキャンペーンを作成]をクリックします。
  2. 予算と入札単価>[単価設定]画面まで移り、1 日の予算を入力します。
    1 日に使用できる平均費用を設定して下さい。設定した金額が増減する場合があります。

ここではスマート自動入札の設定箇所の説明しかしていないため、その他設定に関することについては以下の記事でご確認ください。

関連記事

リスティング広告はアカウント、キャンペーン、広告グループといった区分けが存在します。その中でも「キャンペーン」は予算やターゲティングを設定するといった役割を持っています。今回はキャンペーンに関して、どういった設定ができるのか、Goo[…]

【キャンペーン設定から作成または変更する】

  1. [キャンペーン]をクリックします。
  2. 含めるキャンペーンを選択します。
  3. 上部の青いバーで [編集] をクリックします。
  4. プルダウン メニューから [入札戦略を変更] をクリックします。
  5. 新しいポートフォリオ戦略を作成するか、既存のポートフォリオ入札戦略を使用するかを選択することができます。
    ※ポートフォリオ戦略とは、複数のキャンペーンにまたがって自動入札を最適化できる機能です。広告目標に合わせて一括で管理できます。
  6. [適用] をクリックします。

【共有ライブラリの [入札戦略] から作成する】

  1. 管理画面の右上にあるツールアイコンをクリックして、[共有ライブラリ] 欄の [入札戦略] を選択します。
  2. +(プラス)ボタンをクリックし、作成する入札戦略のタイプを選択します。
  3. 新しいポートフォリオ入札戦略の名前を入力します。
  4. 含めるキャンペーンを選択します。
  5. 入札戦略の設定を入力します。

■まとめ

スマート自動入札は機械学習を活用しながらコンバージョン改善につなげていく機能だとご紹介しました。
ただし、広告を入稿をすればあとは勝手に改善してくれるだろうと放置しておくのは危険です。
日々結果を見ながら少しずつ設定を見直していくことも重要となります。

弊社はWEB広告のキャンペーン内容や特徴から最適な改善案をご提案しております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら