製造業や建築業などBtoBに特化したデジタルマーケティングのノウハウや最新情報
【アップデート情報】Google広告でマッチタイプの仕様が変更になります

【アップデート情報】Google広告でマッチタイプの仕様が変更になります

Google広告アップデート情報

2021年2月4日:フレーズ一致と絞り込み部分一致の動作が変わります。

参考:検索広告を目的のユーザーに表示しやすくするために

変更内容

今までのマッチタイプとしては以下の種類がありました。
・完全一致
・部分一致
・フレーズ一致および絞り込み部分一致

今回のアップデートでは絞り込み部分一致が無くなり、フレーズ一致に統合されます。しかし、範囲は以前のフレーズ一致とは異なるため注意が必要です。
アップデート後では絞り込み部分一致の利点をフレーズ一致に取り込みます。
アップデート後のフレーズ一致では、語句の意味において語順が重要となる場合は従来どおり語順を考慮しつつ、さらに絞り込み一致でしか補足できなかったような検索もカバーします。

例)「東京から神奈川までの引っ越しサービス」について検索しているユーザーに広告を表示しても、「神奈川から東京までの引っ越しサービス」について検索しているユーザーは対象になりません。

スケジュールと注意点

絞り込み部分一致は段階的にサポートを終了していきます。

2月中旬より、フレーズ一致と絞り込み一致の両方について、新しいマッチング動作への移行を開始します。移行期間中は、絞り込み部分一致キーワード(「+キーワード」形式)の新規作成も可能です。

7月には新しい動作のロールアウトが全世界で完了し、その時点で絞り込み部分一致キーワードの新規作成が出来なくなります。既存の絞り込み部分一致キーワードは引き続き広告配信に使用可能ですが、挙動はアップデート後のものとなります。

フレーズ一致キーワードの範囲が拡張されることになるため、トラフィックは増加する可能性があります。
さらに絞り込み部分一致キーワード、特にキーワード内の一部の語だけを絞り込み部分一致にしているものについては、トラフィックが減少する可能性があります。

参考:フレーズ一致と絞り込み部分一致の変更について