製造業や建築業などBtoBに特化したデジタルマーケティングのノウハウや最新情報
インプレッションシェアとは?

インプレッションシェアと検索語句でBtoBのリスティング広告を改善する

製造業や建築業のようなBtoBのリスティング広告の場合、ニッチすぎるキーワードだと「検索数が少ない」と扱われ広告配信が抑制されたり、逆にBtoCでも利用するようなキーワードで掲載をしようとすると、幅が広すぎるため広告表示がまばらになるといった経験はないでしょうか?

このような場合、普段のキーワードレポートや、広告文のレポートだけではなく「インプレッションシェア」や「検索語句」もチェックしてみることをおすすめします。

インプレッションシェアで広告の配信比率を改善する

インプレッションシェアとは、どれくらいの比率で自社のリスティング広告が配信されているかをチェックする指標です。
インプレッションシェア50%の場合、広告が表示される可能性のあった回数(推定値)に対して50%の比率で広告が配信されていたとなります。
ざっくりで言うと、ユーザが2回検索するとそのうち1回は自社の広告が表示されていたという形になります。

インプレッションシェアイメージ図

Google広告でインプレッションシェアを確認するには、キャンペーン、広告グループの表示項目から「表示項目の変更」を選択して
競合指標対象となる項目にチェックを入れます。

キャンペーンから表示項目の変更をクリックする

・検索広告のインプレッションシェア

検索広告の配信対象に対してどれくらいの比率で広告が配信されたかの数値(上部は検索結果の上部に表示された同指標)

・検索広告のインプレッションシェア損失率(予算)

予算不足で掲載されなかった比率。

・検索広告のインプレッションシェア損失率(ランク)

広告ランクが低くて広告が配信されなかった比率。
ランクは入札単価やリンク先の品質、入稿してある広告等の様々な要素で算出されます。

まずは「予算」によるインプレッションシェアの損失を改善しましょう

「ランク」による損失は様々な要素が組み合わさっているため、改善に必要なタスクが多くなり時間もかかる傾向があります。

一方、コンバージョンや集客効率が高いキャンペーンでインプレッションの「予算」の損失が大きい場合、効率の悪いキャンペーンの予算をスライドするだけでもリスティング広告の効果を改善する事ができ、時間もかからず改善できます。

検索語句を見ることで実際のキーワードを知る事ができます

リスティング広告のパフォーマンスを確認する時に「検索キーワードレポート」を利用する事も多いと思いますが、
「検索キーワードレポート」は実際にユーザが検索したキーワードではなく、あくまで入稿(設定してある)キーワードのレポートになります。
ユーザが実際に検索に利用したキーワードを確認するには「検索語句」を利用します。

検索語句は左のメニューにある検索キーワードから「検索語句」を選択します。

検索語句レポート

検索語句を用いたキーワードの追加や除外の設定をしましょう

検索語句を確認すると、入稿したキーワード以外にも拡張して配信されていることがわかります。
効果が高そうなものはキーワードとして入稿を行い、効果が悪いものは除外をしていく事でキーワードを改善していく事ができます。
なお、検索語句はすべてのキーワードが表示されるものではありませんので、キーワードレポートと数値は一致しません。
また、Yahoo!広告の場合は検索クエリーという表記になっています。

まとめ

上記のように、通常のレポートでは見ることが少ない「インプレッションシェア」や「検索語句」もリスティング広告の改善を行う場合には非常に重要な指標となります。
弊社では製造業や建築業に特化したデジタルマーケティングをご提供しております。お気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら