製造業や建築業などBtoBに特化したデジタルマーケティングのノウハウや最新情報
【YouTube広告】BtoB企業の動画活用例

【YouTube広告】BtoB企業の動画活用例

今や知らない人はいないというくらいの大きなプラットフォームとなったYouTubeですが、誰でも広告を出すことができます。

もちろんBtoBでの活用も増えてきており、その用途は様々です。

今回はYouTube広告を出すメリットや、BtoBでの活用案などを中心にご紹介します。

YouTube広告を出す3つのメリット

YouTubeで広告を配信するメリットを大きく分けて3つ紹介します。

①世界最大の動画プラットフォーム

YouTubeは月間20億人ものアクティブユーザーをもつ世界最大の動画プラットフォームです。
また、豊富で多様なコンテンツが毎日アップロードされており、個人から企業まで幅広いユーザーが動画を使って情報を発信しています。

②YouTubeとGoogleのデータを使った高度なオーディエンス

YouTubeでは動画を視聴したユーザーの情報を分析し、それをオーディエンスにも活用することができます。
YouTubeアナリティクスでは、視聴回数や総再生時間だけでなく、視聴者の年齢や性別、リピーターと新規視聴者の数など、視聴者についても細かく分析することができます。

③目的に応じた広告フォーマット

動画広告といっても、スキップの可否、掲載場所、課金方法など様々な形式があります。
認知・比較検討・行動それぞれの目的に合った広告フォーマットがあるため、活用すればより効果が期待できます。

広告フォーマットについて

ここでは目的別に広告フォーマットをご紹介します。

認知

【バンパー広告】
6秒間スキップ不可のインストリーム広告で、リーチや頻度を増やし、ブランド認知度を高める効果があります。

【TrueViewリーチ】
スキップ可能なインストリーム広告を使って、YouTube とウェブ全体でユーザーにリーチできます。こちらの広告フォーマットでは、費用は抑えつつ、より多くのユーザーにリーチされるよう最適化されます。

【マストヘッド広告】
この広告は人気のプレースメントである YouTube トップページとホームフィードに掲載される広告で、より多くの人の目に着く広告です。

【スキップ不可のインストリーム広告】
この広告形式はスキップ不可で業界標準である 15 秒以内のスキップ不可の動画広告です。テレビ広告に最も近い形式でもあります。

【アウトストリーム広告】
この広告形式は動画の外側に表示される動画広告です。YouTubeなどの動画プラットフォーム以外の、モバイルサイトやアプリなどで表示されます。

比較検討

【TrueViewインストリーム】
スキップ可能なインストリーム広告フォーマットで、他の動画の再生前、再生中、または再生後に流され、開始から 5 秒が経過するとユーザーは広告をスキップできます。

【TrueView ディスカバリー】
この広告は検索ページと動画再生ページ、モバイルアプリのトップページにも掲載されます。ユーザーがクリックすることで動画が再生され。動画には YouTube の動画再生ページやチャンネル ページが表示されます。

行動

【TrueViewアクション】
ユーザーに行動を促すことを目的とした広告フォーマットで、動画に「行動を促すフレーズ」や見出しを任意で表示することが出来ます。

BtoBでの動画活用法

ここからは、BtoB企業がどのようなコンテンツで動画を作成するのか、おすすめの活用方法をご紹介します。

1)製品・サービス紹介

PR動画で一番見られるのが自社の製品・サービスを紹介する動画です。動画を使えば製品・サービスを臨場感をもって、より詳しく伝えることができます。

▲[ブラザー] F600X1 製品紹介

ブラザー工業株式会社の製品情報動画では、実際に機械が動作している様子をみせつつ、文字情報で製品の機能紹介などをしています。

2)会社紹介

企業紹介動画を広告として発信するメリットとしては、企業紹介を行うことで企業の知名度が上がり、事業内容を明確にすることによって信頼感を得ることが期待できます。また映像を付けることで、会社の雰囲気を伝えやすくなります。

▲三井化学 会社紹介動画

三井化学株式会社の会社紹介動画では、自社の歴史や社会貢献などをドラマチックに演出し、魅力を伝えています。

3)展示会・セミナー動画

展示会・セミナーに関する宣伝等に用います。特に最近はオンラインでの実施が多くなってきているため動画を用いる機会も多くなっています。

▲05 製造部品表作成の効率化編 CM『競争力あるモノづくりのための mcframe PLM セミナー』【キヤノン公式】

セミナー動画配布の宣伝動画です。

4)採用情報

採用情報に動画を活用する企業も増えてきています。自社の魅力をユニークに伝え、自分が働いている姿を想像しやすくする効果があります。

▲ヤマネ鉄工建設株式会社│採用案内2022 – CM動画35秒

CM用に35秒に短くまとめられていますが、日本の有名な建造物の基盤を作っている会社ということがわかる構成になっています。

まとめ

今回はYouTube広告のBtoBでの活用案についてご紹介しました。

広告は長いものも入稿できますが、短い方がユーザーが最後まで見てくれる可能性が高くなります。
そのため通常投稿した動画を広告用に短く編集し活用することで、広告で興味を持ったユーザーが自社についてさらに詳しく知る導線にもなります。

動画はユーザーも興味を惹かれやすく、またYouTube広告は手軽さもあるため上手く活用すれば成果を上げられる可能性もあります。

興味を持たれた方は弊社でご相談も承っておりますので、お問い合わせフォームよりご連絡お待ちしております。