製造業や建築業などBtoBに特化したデジタルマーケティングのノウハウや最新情報

Google広告とYahoo!広告の違いとは~ディスプレイ広告をはじめよう~

ウェブサイトやアプリ内で、商品やサービスに興味関心の高いユーザーに広告を配信したいときにディスプレイ広告は有効です。

ディスプレイ広告を提供している企業は多数ありますが、今回はリスティング広告の実施とあわせて活用がしやすいGoogleが提供するGDNとYahoo!が提供するYDNをそれぞれの特性を比較しつつご紹介します。

GDNとは

GDNは「Googleディスプレイネットワーク」の略で、Googleが提供するディスプレイ広告になります。

YoutubeやGmaiといったGoogleのサービスの他に提携サイトにも広告が配信がされます。

YDNとは

YDNは「Yahooディスプレイアドネットワーク」の略で、Yahooが提供するディスプレイ広告になります。

Yahoo!JAPANのトップページやニュースページ等のコンテンツの他に提携サイトにも広告が配信がされます。

Google広告とYahoo!広告の違い

広告配信面の違い

GDNはyoutube等のGoogleサービスと提携サイト。YDNはYahoo!JAPANのトップページにも掲載が可能というのが大きな特徴になります。

掲載場所の詳細は公式サイトをご覧ください。

Yahoo!広告(リスティング広告)

検索連動型広告「検索広告」、Yahoo! JAPANなどのコンテンツページに広告を掲載する「ディスプレイ広告」は、Yah…

Google 広告では、広告のターゲット設定、ターゲットとするユーザー、広告の種類に応じて、ウェブ上のさまざまな場所に広…

ターゲティング

ユーザの興味関心毎や閲覧サイトに応じたターゲティングや、自社サイト閲覧者に対してのリターゲティング配信など両サービスともに様々なターゲティング可能です。

YDN,GDNのターゲティング一覧

広告タイプ

バナーや、テキストの他にレスポンシブ広告といわれる、画像素材とテキストを設定しておくと広告枠に応じて自動で広告が生成される形式も両サービスとも実施が可能です。

じゃあ、どっちを利用すればよいの?

YDNはYahoo!JAPANのニュース面などYahoo!の関連サイトに配信される「インフィード広告」が利用可能です。

GDNは連携サイトでなくてもGoogleアドセンスが張られているサイトに掲載されるため幅広いサイトでの掲載が可能です。

掲載されるサイトにも違いがあるため、広告配信先のユーザ特性と自社のサービスがマッチする媒体を選定するのが良いと思います。

まとめ

今回はYDNとGDNの違いを比較しました。

ディスプレイ広告は、商品やサービスのターゲットを理解しどこに掲載されれば興味関心の高いユーザーの目に付くかを考えることが重要です。

上手く利用すれば、より高いパフォーマンスをが出すことができます。